うわの空日記

できれば毎朝起きたくない

友達がほしい

新しい友達がほしい、つくってやる、新しい場所で居場所をつくるんだ、

働きはじめてしばらく経つが、就職当初立てた目標がいまいち達成できていない。学生時代の友人が比較的近くにたくさん住んでいるので、順番に彼等彼女等に会っていったら休みは順調に消化できてしまう。よろしくない。

 

友達を作るのが苦手だった。苦手という域ではなく、まったく作りかたがわからなかった。作るものだ、というのを理解したのも比較的最近、なんならここ数年な気がする。

子供の頃は進学が節目になって、人は友達の作りかたを覚えるのだと思う。中学・高校とメンバーに入れ替わりが比較的少ないところに通っていたので、わたしはそこで学ぶ機会を逸している。大学はさすがにメンバーががらっと変わったが、一年の最初のクラスに高校の同級生がいたので、その子におんぶにだっこでコミュニティにとけこませてもらった。最初のひとりがなんとかなれば、残りの子たちともまあまあ上手くやっていけた。

 

習い事、塾、予備校、それなりに学校以外で人と出会う機会はあったはずなのだけど、そのすべてでわたしは友達づくりに失敗している。ここは泳ぐところ、ここは筆で字を書くところ、ここは勉強するところ、と、そこへ行く目的への割り切りが異常にはっきりしていて、ここは友達をつくるところ、という発想に一切至らなかった。困ったことに、楽しそうな友達同士のグループに入れなくても、あの子たちはもとから友達なんだから仕方ない、で割り切れてしまって、ひとりでいるのはまったく辛くも惨めでもなかった。羨ましくもないかわりにそこまでひとりを楽しめる訳でもなく、こういうものなんだろうと思って粛々とわたしはひとり色んなところへ通っていった。そんなだったから、数ヶ月前は全然接点のなかった二人が隣に並んで楽しそうに喋っているのを見かけたりすると不思議に思ったものであった。前世からの縁でもあんのかな…と本気で思っていた(中学一年生だったので…)。

たまに話しかけてくれる子も現れたが、暇なのかな…と思って答えはするものの、それ以上自分から話しかけにいくこともしなかった。もったいないことをした。無知はこわい。  友達は勝手にできるものじゃなく、自分で話しかけて相手を気にかけて、やっとできるものなのだとちゃんと理解できたのは、知っている人が誰もいない足がかりゼロの就職以後だったように思う。

 

 

 

今となってはそもそも知らない人に会うこと自体が難しくなっている。なるほど大人になるのは不便だ。幾度の失敗(挑戦してないから、失敗ですらないのかもしれない)のあとにようやくどうしたらいいかが分かってきたのに、ままならないものだ。

 

さて友達づくりやるぞ、となってから具体的な方策をしばらく考えた結果、喫茶店やバーにひとりで行って、マスターに話しかけることから始めることにした。習い事なんかも考えたが特にやりたいことがなかったのと、また無駄なストイックさを発揮して当初の目的が達成されなさそうなのでやめた。この土日に喫茶店二軒に行き、ミッション×2に成功した。どちらも常連さんとマスターの会話に参加したい…と横でタイミングを計り続けた挙句、常連さんが帰るまで一言も発せなかったのが心のこり。でも、まずマスターと仲良くなって、そこから常連さんとも話すようになり、そっからさらになんか色々上手いこといって友達ができる予定なので、まあひとまず一歩前進なのである。迂遠な計画すぎる気もする。もっと手っ取り早い方法がある気もする。

 

友達できない人間としての人生があまりに長かったのであまり高望みはせず、まず決まったシチュエーションとはいえ人に話しかけられるようになることで、どこかで上手く歯車が回りだすことを期待したい。絶対にやってやる。不似合いに鼻息荒く覚悟だけ決めて、週末を待つ。